ロンドン生活開始から4年強経過。あこがれの田舎暮らしも敢行!このまま骨を埋める展開か??インベストメントバンカー日々迷走中。


by canary-london
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:culture( 34 )

英国ポテチ戦争

f0023268_1049932.jpg最近FTのマワシモノではないかと疑われるほどFTへの言及が多いのだが、何しろクリエイティビティーのない人間なのでメディアからの借り物も大目に見て頂くことにして。
本日の気になった記事。
‘How the crunch came in the long war of the crisps’: 著者はJohn Kay。

2006年1月某日、英国のポテトチップスメーカー老舗であるGolden Wonder社破綻のニュースが流れた。たかだかポテトチップスメーカー(他にも製品はあったのかもしれないがポテチ以外思いつかない)ごときで、何でイギリス人はこんなに感傷的になっているのかとそのときは首をかしげたものだが、本日(3月7日)付の記事を見て、何となく。納得。

まずは数字から。
食にこだわりがないといわれるイギリス人(2012年のオリンピック開催地をめぐる昨年7月8日の惜敗の折にシラク仏大統領が口にした台詞については以前もコメントしたとおり。)。
全般的な食事情は、私が住んでいた15年ほど前に比べるとこれでもかなり改善した方だと思うのだが、食についてはこれからも頻繁に書くことになると思うのでまた別の機会に。

よれば、イギリス人は年間平均して老若男女問わず50ポンド相当のポテトチップスを食べており、これは量にすると150袋程度。
殆ど二日に一袋という恐るべしペースでポテチを消費している計算になる。
イギリス人の食に対する「無頓着さ」を示す一つの数字ともいえるだろうが、学校給食の改善を訴えすっかりセレブの仲間入りを果たした時の人Jamie Oliver主導で、特に子供たちの食生活改善に向けた政府あげての大キャンペーンが目下進行中。学校からお菓子の自動販売機を撤去し代わりに自販機にはフルーツやシリアルをストックするようにしろ、などなど。
確かに日本の学校には、そもそも自販機なんてものがなかったぞ。

Golden Wonder社の破綻を受け、我が英国のポテトチップス市場は事実上一社による独占状態となった。勝者はWalkers社。現在米PepsiCo社の傘下にある。
ちなみにPepsiCoは米国ではFrito Lay社を抱えており、正にポテチ市場では紛れもないグローバル・ナンバーワンである(Frito Layが1960年代にコーン・チップスを製造するFrito社とポテト・チップスを製造するLay社の二社をPepsiCoが同時に吸収したことによって生まれたことも初めて知った)。

1961年から1986年までの時期は大手タバコ・メーカーのImperial Tobacco社の支配下にあったGolden Wonder社。
おそらくこの時代がGolden Wonder社の文字通りの「黄金期」であり、第二次大戦直後から市場の中核を占めていたSmith’s社をあっという間に凌駕、各種フレーバーのポテトチップスと湿気を防ぐ包装技術でその地位を不動のものとした。
しかし、1986年にImperial Tobaccoの経営陣が変わると共に、Golden Wonderの命運は大きく変化。多角化経営の整理を目的にDalgety社に売却され、その後最終的にMBO(マネジメント・バイアウト)が行われるまで経営は迷走。
このタイミングを逃さず、後発組としてより小規模なWalkers社を買収していたPepsiCoがコマーシャルに当時の人気フットボール選手Gary Lineker氏を起用するなど、畳み掛けるようなマーケティング攻勢を仕掛けた。これを契機にWalkers社とGolden Wonder社の地位は逆転、以来Walkersが11年間首位を保った幕引きが今年1月のGolden Wonder破綻というわけ。
戦後のSmith’s社が支配的であった時期まで遡り、Imperial TobaccoがGolden Wonderを買収した1961年を「第一次ポテチ戦争勃発」とすると、40年強続いた「ポテチ戦争」。

記事の締めくくりは、ブランド・マネジメントの重要性を説いているのだが、そんなこじつけはともかくとして、私としては純粋に「ポテチ戦争」の背景を楽しく読んだ次第。

オフィスの自販機に色とりどり並んだWalkersのポテチも何となく誇らしげに見えてきたりして。
ちなみに先に述べたJamie Oliverの食改革の影響はオフィスでは微塵も感じられず、自販機にはポテチとチョコレート・バーが所狭しと並べられている。
誰かオトナの食生活も改革を訴えてくれないかな。
[PR]
by canary-london | 2006-03-08 10:52 | culture

ウィンクのカルチャー

ふとしたときに感じることだが、こちらの人(私が職場で囲まれている人なので、イコール欧米人全般。イギリス人とは限らず、それどころかおそらく全体の中で純イギリス人は過半数を大きく割り込む。)はウィンクが上手い。
目上から目下に、とか男女の別もあまり関係なしに、「大丈夫、任せといて!」とかお互いに通じ合っていることを確認するとき(時には内緒の事柄をお互いは了解していることの確認で)笑いながら目配せしてくる。
こういうときの彼らの表情、言葉で表現するとさしずめ「茶目っ気たっぷりに」ってなるんだろうな。

f0023268_10243350.jpg
自慢ではないが私は非常に不器用だ。
私がウィンクでも試みようものなら、大概頬の上の筋肉が痙攣でも起こしたのかと周囲の人に思われて「茶目っ気」を発揮するどころではなくなる。
当然の結果として、ウィンクなんてついぞしたことがない。

ウィンクという言葉を日本の辞典で引くと:
[名](スル)片目をまばたいて合図を送ること。男女間で好意を寄せる意味で行われるものなど。「向かいの席の女性に―する」(大辞泉)
「片目をつぶって合図すること。特に、異性に好意を示す際に使われる。」(大辞林)
とか、大体「異性への好意」というのが登場するのだが、日本以外ではウィンクにこんな性的な意味が付与されている文化圏はないと思う。
あ、アジア諸国はわからないな。
少なくとも欧米ではそのようなimplicationは全くない。
(やっぱり私と同じように感じる人は多いのですね。小林祐子著「しぐさの英語表現辞典」ご参照。)

欧米からウィンクがインポートされる過程の一体どこで、そんな意味合いが付与されたのだろうか?甚だ疑問。
「インポート」とはいっても、日本人でウィンクを上手に使える人というのはあまり出会ったことがないけれど。
これには、上記の性的な意味合いという部分が多分に影響しているのだと思う(下手な相手にウィンクして勘違いされてもたまらんですしね)。

ウィンク上手いのって、いいなあ。
こんな小技の一つでも習得してから帰国できれば良いのだけれど。
[PR]
by canary-london | 2006-01-26 10:25 | culture
先日日本に一時帰国した際の「生活リズム」の彼我の差についてコメントを書きかけましたが、リズムって本当にその都市によって違うものだと思います。

東京に戻ると、新宿の喧騒の中を他人とぶつかることなく歩くことがとても難しいことのように思える(たかだか2週間ぶりの帰国なのに・・・)。他人に構う余裕はまるでなく、皆殺伐とした雰囲気を漂わせながら周囲の人を蹴散らかすように歩いていく。
東京に戻ると、一事が万事こうなってしまう。
他人のことを思いやる余裕がない。
自分についても、眼前3m先以上のことは考える気力がない。
ましてや、「自分の時間」を持つなんて贅沢の極み。

イギリス人のビジネスマンも、歩く速度はとても速いです。忘れてしまったけどリンボウ先生だか誰だかが書いていた通り、その歩く様を見ているとシティ(今はビジネスマンも多くが元Docklandsのカナリーウォーフ地区にその拠点を移しつつありますが)はウォールストリートと大差はない。新宿を歩く人のスピードより速いぐらいかも。
が、一枚めくるとそこには全く違うメンタリティーが。
例えば、5mぐらい後ろを歩いている人がいるとするとドアを開けて待っていてくれる。
地下鉄の中では、「(空いた席に)どうぞ」「いえいえ、次で降りるから」というような会話がごくごく自然発生的に取り交わされていたりして。

上記はその一つの表れに過ぎないのかもしれないけれど、生活リズム=心のゆとり、であるように私は思います。

NYの「生活リズム」は子供時分以来短期間の滞在しかしたことがないので、正直肌感覚では良く分からない。けれど、間違いなくロンドン(=倫敦)の「生活リズム」は自分には合っていて、それがおそらくは幾多のデメリットにも拘らず(冬の今の時期は4時で日が沈んじゃうとか、天候が悪いとか、15年前に比べれば格段の進歩を見せたとはいえ食生活が貧弱であるとか・・・あばたもえくぼと称されるロンドン贔屓の私でも挙げ始めるとキリがない!!)ロンドンへの転勤を決めた最大の要因の一つであるように思う。

ついでにもう一つ言うなれば、「Thanks」と「Sorry」に関する姿勢の違い。
こちらにいると、「Thanks/Thank you」というフレーズには日々遭遇する。日本では「ありがとう」という言葉、残念ながらあまり耳にしない気がする。代わりに多用されるのが、どんなTPOでもオールマイティーに使える印象のある「すみません」。これ決して綺麗な言葉ではない(私も使う度に両親に注意される・・・いい年齢なんですが)のだが、日本人は心の中で思っていることは「ありがとう」であっても、「すみません」で済ませたりする。逆に、海外では「Sorry」はあまり言わない。プライベートの場では使うことも多いけれど、ことビジネスの場ではアングロ・サクソン的「謝ったら負け」のような考え方があり、ビジネスで自分から謝ることはガイジンはまずやらない。確かに軽々しく謝るととんでもないことになったりするので。

生活リズム、そして言語について。日本語で愚痴る相手もいない中、日本語の美しさにふと思いを馳せてみたりして。
[PR]
by canary-london | 2006-01-04 10:08 | culture
クリスマスを今週末に控え、ロンドンの街もすっかりクリスマス気分。
今回は2週間程度の出張だしと思ってあろうことかデジカメを日本に置いてきてしまい、大後悔。
私の住むSloane Squareの今年のイルミネーションは青と白を基調とした幻想的な実に素敵なもので、カメラに収めたいのですが・・・仕方ないので明日同僚にデジカメを貸してもらって撮影しようと企んでます。

ともあれ。イギリスにいてクリスマスを目前にして思うこと。

1.家族的・宗教的イベント
私は高校時代もロンドンで過ごしたため、特に大陸欧州にクリスマス時分旅行するたびに思ったことですが、こちらでは商業主義オンリーの日本とは異なり、クリスマスとは多分に家族的・宗教的なイベントです。日本のようにクリスマスイブとみるやなぜか高級レストランおよびホテルはカップルで賑わい・・・ということはなく、クリスマスとは家族で集まる時期。
実は国によっても差があり、同じキリスト教でもカトリックかプロテスタントかによってだいぶ温度差があります。プロテスタント&イギリス国教会が主流のイギリスでは宗教色は薄く、一方でフランスやスペイン・イタリア等の敬虔なカトリック諸国に行くとクリスマスは個人的・家族的に教会で過ごす日。この時期カトリック諸国に旅行すると、お店は軒並み閉まっており観光気分で行くと何も事が足りずに悲惨な目に遭います。
また、興味深いのは国によってクリスマスがクライマックスを迎える時期にも多少差があり、例えばここイギリスでは24日・クリスマスイブは友人と大騒ぎする日。一転して25日のクリスマス当日そして26日のBoxing Day(由来は二説あり、一つは伝統的に使用人に対してプレゼントを渡す日であったことからプレゼントを包む「Box」からきているというもの。今一つは、聖職者が「Collection Box」(募金箱)を開け、貧しい者に分け与える日であったとのもの。)は家族で祝う日。一方で、例えば同じプロテスタントのドイツでは24日のクリスマスイブが家族的にも最も盛大に祝う日であったりと、国によって色々な癖があるようです。

2.とにかくプレゼント!のカルチャー
クリスマスというのは、こちらではとにかく普段と違って他人にも家族にも自分にも贅沢なプレゼントを買い与える最大のexcuseがある時期。
日本で「年末年始の買い物」というのと同義もしくはそれ以上にこちらで重要なのは「Christmas shopping」。皆何をそんなに買うんだよっと言いたくなるほどですが、皆クリスマスショッピングのために休暇を取るほど。買うものはといえば、主にはプレゼント。普段は結構質素なイギリス人も、この時期にはブランド物の大きな紙袋を幾つもぶら下げて家路を急ぐ人の姿が多くみられます。私の住むSloane Street も一大ブランドストリートですが、この時期はブランドショップも朝9時から店を開けており、それでも開店時には行列が出来ているほど。
この「プレゼントをあげる」カルチャー、とても好きです。
皆義務感からやっているわけではなく、ごく自然に他人に贈り物をする。実は私の家族も海外生活が長かったせいか、クリスマスにプレゼントをあげるカルチャーは昔から忠実に守っています(我々子供達がサンタさんを卒業したあたりからですね。末っ子の私が中学生ぐらいの頃から。)。
我が家では、全員が全員にあげるスタイル。クリスマスに向けて、クリスマスツリーの根元に一つまた一つと「AからBへ」といったタグのついたプレゼントが増えていき、25日のクリスマス当日に皆で一斉に開ける。一つ一つのプレゼント自体はささやかなものですが、プレゼントってやっぱりわくわくする。良い意味で欧米文化に感化されたこのカルチャーは是非大切にしていきたいものです。
[PR]
by canary-london | 2005-12-22 07:38 | culture