ロンドン生活開始から4年強経過。あこがれの田舎暮らしも敢行!このまま骨を埋める展開か??インベストメントバンカー日々迷走中。


by canary-london
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

クレジットクランチの影響・庶民編

不況が深刻化している。
一旦持ち直したかにみえた株式市場は世界的に大きく反落している一方、為替市場では「超」がつくほどの円高が目下進行中である。
ちなみに、まだ多少の円資産を持っている自分としては、英ポンド建ての値札を円換算したときの金額に大幅なおトク感があるという単純な理由で、この週末は妙に浪費してしまった。
景気低迷は、基本的には自分の懐にも大きな打撃を与えているというのに、為替の引き起こす心理的効果は偉大だ(笑)。

我が英国経済も、先週金曜日に発表された経済指標(第三四半期のGDP)によって、「Recession=景気後退」入りが数字で確認された。
一般的に、2四半期連続でマイナス成長が確認されると’Recession’入りしたということになるのだが、この‘Recession’という言葉、特に政治家はとにかく避ける。
現政権にとっては、公の場でこれを認めることで国民の支持が揺らぐことを懸念してのことなのだろう。
別にその言葉を発しなければ済むなんてこともないと思うのだけれど、まるで言うと悪い事が起きるとでも思っているかのように、「’R’ word」なんていって、言葉自体も言わない傾向がある。
いや、ハリー・ポッターのヴォルデモートじゃないんだからさ。

その金曜日の経済指標の内容で更に衝撃だったのは、食に関する出費。
自分でデータを調べず同僚のコメントに依拠してしまっているのだが、30年近くぶりに一般市民が食べ物に充てる費用が減少したというのだ。
食べ物のような生活必需品への出費を切り詰めるというのは、景気が相当悪いことを意味する。

週末の新聞にも同様の事象を別の視点から書いた記事が載っていたが、それによれば、ロンドン市内のレストランで所謂「「スペシャル・オファー」といった何らかのディスカウントを設定する店が過去一年間で7割増加したとのこと。
好調な時には値段を下げるなどプライドが許さないという姿勢の店が、集客のためになりふり構わなくなっているのだから、レストランも生き残りに必死なのだろう。

そもそもは米国の住宅市場に根ざす問題から昨年夏以降進行している世界同時不況を表現する際、当地英国では「Credit Crunch=クレジット・クランチ」という言葉が最も良く使われる。
先日のある朝、Canary Wharfの駅を降りて会社に向かう途中、チェーンのサンドイッチ屋の外にこんな看板が掲げられていた:
‘Credit Crunch Special Breakfast: Ham and cheese roll and cappuccino/latte £2.50’

f0023268_648633.jpg
そのサンドイッチ屋がまた、わりと味より量で勝負を地でいっているような店で、朝は堂々たる体躯のオジサン・オニイサンで賑わうため、個人的には殆ど足を踏み入れないのだけれど、この店までもが「クレジット・クランチ・スペシャル」か。
日本では今回の一連の事象の代名詞として「サブプライム」を使う方が多いようだが、比較的初期に「サブプライム」という言葉がスポーツ新聞の一面を飾るのを見た時に興ざめしたことをふと思い出した。
・・・それだけ、今回の不況が一般市民にとっても身近で切実な問題になっているということなのだろう。
[PR]
by canary-london | 2008-10-28 06:49 | current