ロンドン生活開始から4年強経過。あこがれの田舎暮らしも敢行!このまま骨を埋める展開か??インベストメントバンカー日々迷走中。


by canary-london
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

グルメ会とオイスター

前回日英の食文化についての話題となったので、続いて久々にグルメの話題。

最近「グルメ会」なるものに誘われ、二度ほど会合に参加している。
5~6名程度と小規模なグループで、「’金に糸目をつけて(笑)’美味しいものを食べに行こう!」
という企画。
発起人である男性の友人二名によれば、メンバー選定にあたり真っ先に私の名前が挙がったとのことで、有難い話ではあるのだが、要はただの食いしん坊・酒好きとみられているということだ(笑)。

この「金に糸目をつけて」という発想、全くもって同感である。
ロンドンほどのコスモポリタンな大都市であれば、お金を惜しまなければそれなりの美味なものにありつけるのは当然。
ロンドンの食生活が「貧しい」重要なる所以の一つは、「安くて美味しいもの」が少ないからだと常々感じる。

かといってこのグルメ会、別に一膳飯屋のようなところへばかり行く趣旨ではないのだけれど、
「relative value(=価格対比の質)」は重要なる評価項目の一つ。
全員の持ちネタが一回りしたところで全ての店を比較評価するというルールも導入したため、若干の競争意識もある。
言うまでもないけれど、美酒・美食に伴われると自然に会話も弾んで楽しい。

グルメ会とは直接の関連はないが、グッドバリューのお店が少ないロンドンにおける私のとっておきの一つは、Piccadilly Circus至近にあるBentley’sという老舗のシーフードレストラン。
目の前で新鮮な牡蠣をさばいて出してくれ(私は生ガキに目がない)、自慢の牡蠣や各種魚介類に合わせてグラスで出してくれる白ワインの品揃えは脱帽もの。
決して安いお店ではないけれど、ミネラルウォーターやパンとバター、食後のエスプレッソなど全てにこだわりをもった美味しさが感じられるレストランというのは、ロンドンではとても貴重なのだ。
日本から友人や出張者が来るときなど幾度となく足を運んでいるけれど、先日行ったら若干味が落ちたようにも感じた。
その日のシェフの体調とか、そんなことも影響するのかもしれない。

f0023268_13591923.jpg
このBentley’s、一階と二階(英国式ではGround floorとFirst floor)があり、一階はオイスターバー、二階はもう少しフォーマルなレストランになっている。
先日初めて階上のレストランで食事をする機会があったけれど、オイスターバーの方がずっと雰囲気が良い。
私が行くのは週末の昼間が多くなるのだが、このオイスターバーにふらっと入ると、大概きちんとした身なりでカウンターのスツールに腰掛け、カキ職人との時折の会話を楽しむ白髪のおじいちゃんを一人二人見かける(おばあちゃんよりもおじいちゃんが圧倒的に多い)。
休日の昼間からグラスワインを傾け、美味しそうに牡蠣を口に運ぶ上品な初老の男性を見るたび、自分も何十年後かには、気張らずに一人でこんな美味なオイスターバーに一人で来られるような老人になりたい!!・・・などとささやかな野望を抱くのだ。
[PR]
by canary-london | 2008-08-29 14:09 | gourmet