ロンドン生活開始から4年強経過。あこがれの田舎暮らしも敢行!このまま骨を埋める展開か??インベストメントバンカー日々迷走中。


by canary-london
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

続・ロンドンとチャリティー

前々回のエントリで、チャリティーについて少し書いた。

ロンドンがチャリティーを奨励するシステムにおいて世界有数の拠点であることについてはそのときに書いた通りだが、その直後にたまたま同業他社の人とチャリティー・イベントについてカジュアルな話をする機会があり、同じロンドンといえども会社によって取り組み姿勢が大きく異なることが分かった。

その会社は弊社同様、欧米の中では欧州系に分類される先。
自分にとってもタイムリーなトピックだったので、食事の際に何気なくチャリティーのことを話題に出してみたところ、意外に冷ややかな反応。
聞けば、この種のチャリティー・イベントの企画やイベントへの参加は、総じてバック・オフィスに属する人々に限定されるとのこと。

ちなみに我々の業界では、大まかな仕事の分担が、フロント・オフィス(平たくいえば会社の収益に直結する部署)、バック・オフィス(フロントのサポート的業務を行う部署)、ミドル・オフィス(フロントとバックの中間的立場にある部署)のいずれかとなる。
もっとも、個人レベルでいえば、フロント・オフィスといったところで、もちろん全員が相場を張るトレーダーではなく、営業から経済調査まで実に様々な職種の人がいるし、「フロント・オフィス」と一口に言ったところであまり意味のある定義ではない。
とはいいながらも、やはり仕事の性質として事務作業が中心となるバック・オフィスは、フロントに比べて時間の流れ方が緩やかであることは確か。
件の同業他社においては、チャリティー・イベントの類は、時間に余裕のあるバック・オフィスの人間しか参加しないものだというのは、チャリティーが日々身近にある会社で働く私にとっては軽いショックだった。

一歩離れて見ると、弊社とその会社は業界の中でも両極端なのかもしれない。
弊社はというと、先日書いたようなオートバイに乗るイベントのように突発的な変わったものもある一方、マラソンやパワーウォーキング、遠泳など比較的「普通の」スポーツに関連するチャリティーには、ごく日常的にフロント・オフィスの人間が参加している。
部署毎にチームを編成してチーム対抗のスポーツを行うのはザラであるし(先日は私もボート漕ぎに駆り出され、普段使わない上腕部の筋肉が今も微妙に痛かったりする)、クリスマスの時期ともなれば、毎年恒例の仮装カラオケ大会が開催され、もっとも多くの参加者を輩出するのは、ほかでもない我がデット・シンジケート部だ。

この種のことは、時間に余裕のあるサポート的業務の人間に一任すれば良いとの考え方にも一理あるのかもしれないけれど、ちょっと寂しい。
最近自分の視野を少しでも広げるべく、会社の中で多文化交流を促進するボランティア的団体への参加を始めたのだが、このようなことに時間と労力を惜しまない様々な部署の人に出会うたびに脱帽する。
「ボランティア的団体」などというとやや堅物の優等生的イメージだけれど、内実は、多文化や多様性の促進に繋がればわりと何でもアリという側面があり、現に今度私が提案して実現する運びとなったのが、「sushi-makingクラス」。
f0023268_6573080.jpg
会社の食堂を一時間ほど借り切り、本物の料理人を調達してのり巻を中心に簡単なお寿司の作り方をガイジンに教えてしまおうという目論見である。
日本人として食に対しては一家言あるゆえ、多文化交流においてまず自分が貢献できる分かりやすい分野は料理だろうとの浅はかな考えでの提案だったのだが、二週間後の本番を前にして、実は「日本人の私が一番下手だったらどうしよう・・・」などと及び腰になっている(笑)。
[PR]
by canary-london | 2008-07-29 07:03 | current