ロンドン生活開始から4年強経過。あこがれの田舎暮らしも敢行!このまま骨を埋める展開か??インベストメントバンカー日々迷走中。


by canary-london
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

言語に関する軽い考察その3

最近日本語と英語という言語の特徴に関連するトピックを幾つか書いてきたが、それに伴って俄かに注目している題材がある。
それは、言葉遊び。
具体的にいえば、アナグラム、回文、パングラムなど。
発見というほどのものではないのだけれど、実はそれぞれの言葉遊びにも言語による特徴が現れるので何とも不思議。

アナグラムというのは、ある言葉やフレーズの文字を並び替え、全く異なる意味の言葉やフレーズにしてしまう言葉遊び。
ダ・ヴィンチ・コードの著者・Dan Brownが同小説でも好んで使用したため、若い世代における認知度も結構高まったのでは。

回文は、説明の必要もないけれど「上から読んでも下から読んでも同じ」の言葉や文章のこと。
「越智通雄」のポスターが昔私の選挙区にたくさん貼ってあった頃、子供ながらに「上から読んでもおちみちお、下から読んでもおちみちおなんてスゴイ名前をご両親も考えたものだ」と感動した。

パングラムは、実は英語と日本語で若干ながら定義すら異なるらしい。
共通するのは、「全ての文字を最低一度ずつ使用する文章」(英語の場合はアルファベット、日本語の場合はもちろん仮名)という点。
だが、英語の場合は文字を最低一度使用してさえいれば重複は許される一方、日本語では「いろはにほへと・・・」に代表される文章にみられるとおり、原則として重複は許されない。

日本語と英語の決定的な違いは、文法は無視して文字だけを考えた場合、英語における母音(vowel)が基本的にはa/e/i/o/u(時にyも加えられる)の5音しかない一方、日本語においては「か行」以下すべての文字が「あ行」の5文字のいわゆる母音(日本語で母音といっているのは、英語における母音の概念を無理やり持ち込んだだけなのだろう)と組み合わせたものとなっているため、自然と日本語においては「あ行」の5文字の登場頻度がそんなに多くならないことなのだろうと思う。
一方で英語においては、子音は子音だけでの発音が困難になるため、どうしてもa/e/i/o/uの登場回数が多くなってくる。

アナグラムと回文とパングラムを比べると、日本語と英語の特徴が垣間見えてきて面白い。

結論からいうと、こういうことになる。
アナグラムは英語向きだが日本語には不向き、回文は日本語向きだが英語には不向き、そしてパングラムは上記定義にあるとおり、両方の言語で可能ではあるものの、母音と子音の割合のためにそれぞれの言語で若干違うものとなってくる。

アナグラムから見てみよう。
英語世界においては、「ダ・ヴィンチ・コード」の例を出すまでもなく(ちなみに今回少し調べるまで知らなかったことだが、Da Vinci Codeは‘Candid Voice’のアナグラムとなっている)、日常世界で気の利いたアナグラムに多数出会う。
‘George Bush’が‘He bugs Gore’になってみたり、時事ネタにも絡めて実に面白い。
紙と鉛筆を持ってちょっと頭を捻るとあるフレーズが別のフレーズとなるのでアナグラムは割合身近な遊びであり、私の所属する部署で年に一度クリスマスの恒例行事として会社の他部署に「シンジケート・クリスマス・クイズ」として出す20問ほどの質問の中でもアナグラムはレギュラー選手。

余談になるが、昨年のシンジケート・クイズの中で思わず笑い転げてしまったのは以下だろうか。英語では固有名詞も言葉遊びとしてしまうことが多い。
個人に対する中傷のつもりは毛頭ないが、弊社にフランス人のセールスでOlivier Degaという男性がいる。
彼はいたって真面目で一生懸命なセールスマンなのだが、その真面目さゆえ時折我々シンジケートが手を焼くことも。
そんな彼の名前の文字を並べ替えると、‘I give ordeal’(私は(人に)試練を与える)となる。
もうひとつ、固有名詞で秀逸と思ったのは、我々の競合他社であるMorgan Stanleyの名称の並べ替え、‘Monetary Slang’(金融の俗語)だろうか。

次に、回文。
回文(英語ではPalindrome)というのは英語ではあまり名文がないのが現実。
一方で、日本語だと回文というのは作りやすいらしく、回文に特化したウェブサイトも多数ある。
因みにかなり充実している↓のサイトの中で、私が最も感心してしまったのは、
「うかつにダムをひく、国費を無駄に使う」であった。
回文

今回のトピックを書くきっかけとなったのは、英語の有名なパングラムである
‘The quick brown fox jumps over the brown dog’。
英語圏で教育を受けたにも拘らず恥ずかしながら私は知らなかったのだが、こちらではコンピューター上のフォントの正確性などを試すにあたり、この文章を使うことが多い。

英語では上述の母音・子音の制約から重複が許されるが、日本語のパングラムは「一文字は一度しか使用しない」というルールをストイックに守っている。
現代語も含め、日本語のパングラムというのは「いろはにほへと・・・」に加えてこんなにあったのだと感心したのが↓のサイト。
パングラム


言葉とは、難しくまた楽しいものだなと思う週末の昼下がりの一幕。
[PR]
by canary-london | 2008-03-30 02:59 | culture