ロンドン生活開始から4年強経過。あこがれの田舎暮らしも敢行!このまま骨を埋める展開か??インベストメントバンカー日々迷走中。


by canary-london
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

忘れられた社会起業家論への挑戦その2: アニタ・ロディック氏への追悼文に代えて

ブログの執筆というのは実に身勝手なもので、ページの左側に並ぶ「テーマ」の中で、自分の書きやすいものばかり記事数が増えていくものである。
自分自身に関していえば、「culture」や「diary」などが圧倒的に多い。
「travel」ももっと多くて然るべきなのだが、ものぐさなので旅行記もサボっているものがかなりの数に上る。
ひっそりとした佇まいの「social entrepreneur」という項目には、何と情けないことに、昨年5月以来一度も触れていなかった。

「social entrepreneur」=「社会起業家」は、数年前から非常に興味を持っている分野なのだが、旬なトピックだけに深く研究されている方が多い中で自分はあまりに不勉強なので、何か書こうと思うとついつい論文でも書くような心持ちになりついつい先送りにしてきた、というのが正直なところ。
しかし、先週のAnita Roddick(アニタ・ロディック)氏死去のニュースは、そんな稚拙な悩みを断ち切るのに良いきっかけだと感じ、実に久し振りにこのテーマで筆を取ってみることにした。
(よくよく見たら、昨年5月の記事には「・・・・社会起業家論への挑戦その1」なんて題名を付けていた。続編のない「その1」って一体・・・・。)

「Dame」の称号も与えられたRoddick氏が64歳という比較的若い年齢で亡くなられたことは、英国のメディアでは再三取り上げられたので、英国在住の方には説明不要かと思うが、言わずと知れた「Body Shop」の創設者。動物実験反対をはじめ、企業がいかにして、「社会に対して良いこと」をしていけるのか、という観点を最初に持ち込んだ人の一人といえる。
今では日本も含め世界中に展開するBody Shopの起源は、彼女が1976年に英国南部の小さなリゾートの街、Brightonで立ち上げた、天然の原料に特化した小さなスキンケア用品の店である。
主張が強く、大企業幹部とは意見の対立も多かったため、追悼記事は必ずしも好意的なものばかりではなかったが、Roddick氏が英国のみならず、全世界のビジネスのあり方に多大なる影響を及ぼしたことは間違いない。

私のようなシロウトにとって非常に参考になる「社会起業家」の著者、斎藤槙氏によれば、概念自体の基礎となる「social enterprise=社会事業」というコンセプトのアカデミックな定義は、スタンフォード大学教授のGregory Dees教授の文章に詳しい。
簡単に言うと、「営利と非営利の中間」ということか。

二つのことについて、ランダムに簡単に書いてみようと思う。
_______________

一つは、社会事業を行う形態について。
斎藤氏は、著書の中で「NPO化する企業」と「企業化するNPO」の両方について取り上げているが、これから先の世界を考えるに、やはり基本となるのは前者の形ではないかと思う。
米国のコモングラウンドなど後者の成功例もあるものの、「社会に対して良いこと」は、基本的に無償の活動でやっていくのには限界がある。
日本ではどうも、この手の活動は、「オバサマ達が手弁当で行うもの」、「金儲けなんて敵だ」的な考え方が根底にあるような気がするのだが、社会に対して意味のある活動をしていくためには、最も重要なものがある。
それは、資金。
別に金融に携わっている人間でなくても、そんなことは分かる。
資金調達手段も、税制も、社会事業にとってはこの上なく重要なのである。

その意味では、現在「ベンチャー・フィランソロピー」と呼ばれるような考え方は、実に力強い。
ビル・ゲイツのファンドがその最たる例といえるが、即ちこのような活動に対して資金を提供することは、「寄付」ではなくて、あくまで「投資」である、という考え方。
ゲイツ氏についても、ウォーレン・バフェット氏についても、またU2のボーカル・BONOについても、批判的な人は山ほどいるが、基本的な姿勢には私は大賛成である。

もちろん、彼らのようなスケールで出来る筈もないのだが、「金の亡者」と呼ばれる投資銀行業界に身を置くものとしては、やはりいずれは、何か彼らのようなことが出来ないかと考える。
_______________

もう一つは、社会起業家を取り巻く多数のトピックと、自分の生活との関連付けについて。
Roddick氏とは少し角度が異なるが、やはり女性でこの分野で多大なる影響力を持つのが、SAI(Social Accountability International)創立者兼CEOのAlice Tepper Marlin(アリス・テッパー・マーリン)氏である。
実は、Tack氏に薦められ、二年ほど前に日本で彼女のセミナーに参加したことがある。
私が「社会起業家」という概念に真剣に興味を持つきっかけとなったのが彼女のセミナーだったわけだが、その影響が大きいのだろう。Marlin氏およびSAIの専門分野となる、労働者の人権と企業・消費者というトピックには、とりわけ興味が高い。
児童労働や搾取労働、低賃金・長時間労働などを企業が行っていないかどうかのモニタリング。
行っている企業の製品は、消費者として購入をボイコットする。
世界的な潮流でいえば、1990年代に主流となった考え方であり、ナイキ製品の非買運動に繋がった。
特に、児童労働については、ビル&メリンダ・ゲイツ・ファンデーションの3つの主要な分野である、「①保健衛生、②教育、③図書館」とも共通する。
つまり、子供を労働力として使うのではなく、きちんとした教育を受けさせることが如何に重要かということ。
「社会に対して良いこと」は、「これからの社会を良くしていくこと」にほかならないのだから。

この点については、「自分の生活との関連付け」が、実は一番難しいのかもしれない。
自分は労働者であると同時に、壮大なる一消費者でもある。
パンプスを一足買うたびに、「この企業の東南アジアの工場では児童労働が行われていやしないだろうか?」といったことが頭をよぎらないではないももの、その答えを知らないからといって(そして大概の場合は答えを知らない)、パンプスの魅力に負けて結局買ってしまうのだから。
・・・まずは自分がこの姿勢を変えなきゃならないのだろうなあ。

「社会事業」「社会起業」の概念の実行への道のりは、長く険しい・・・・・。
[PR]
by canary-london | 2007-09-22 03:33 | social entrepreneur