ロンドン生活開始から4年強経過。あこがれの田舎暮らしも敢行!このまま骨を埋める展開か??インベストメントバンカー日々迷走中。


by canary-london
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

食について・再び

国における食生活の乏しさについては何度も書いている上、私なんぞが書かなくてもリンボウ先生やシラク・前仏大統領などが様々な名言・迷言を残してきているため、敢えて繰り返す必要もないだろう。
ただ、自他共に認める英国びいきの私に限らず、周囲の友人・知人の多くに同意を得られるのは、「それでもイギリスは”おいしく”なったよね」という点である。

私が初めて父の赴任に伴ってロンドンにやってきた1988年から数年間の滞在期間は、おしなべて外食というものは50/50の賭けだったように思う。
当たれば良いが、外れるとまたその外れ方が並大抵のものではないのだ。

一つの側面として、海外から良い刺激を受け続けている環境が挙げられる。Harrodsに店を構えるフランス・Ladureeのマカロンはちょっとしたお使い物やおもてなしのときに欠かせない。
東京では未だに買えない(と思う)絶品マカロンがロンドンでは買えるということ自体、欧州大陸に近いという地の利以外に理由はないのだが、何とも有り難い話である。

食文化の輸入源という意味では、米国も独特ながら重要。
目下二人いらっしゃる私のピアノの師匠の一人である青木理恵先生がNY在住時代から愛用していたとのことで期待度大の「WholeFoods」が、先月我が家から実に徒歩5分の場所にオープン。
先日やっと覗く機会があったのだが、フレッシュな食材もさることながら、「これ買いたいっっ!」と思わせるような空間の使い方・食材の配置の仕方には舌を巻く。
幼少時代を過ごした米国で慣れ親しんだアメリカン丸出しの食材もあれば、アジア食材も意外に充実しており好感度◎。

f0023268_3455641.jpg
総床面積は80,000平方フィート(約7,432平方メートル)と巨大。
地下および一階の上に広がる350席の広大な「Food Hall」も圧巻。
食材の陳列されるスペースと調理されるスペースが隣接しているために無駄が少ないらしく、このような形態のレストランの席数は増加傾向にある。
ロンドンでは最も大きいのがHarrodsの28ヶ所に及ぶレストラン・計1,839席であり、Fortnum&Masonの600席、Harvey Nicholsの450席と続く(数字の出所: FT)。

Harvey Nichols・5階のレストランを手がけたDominic Fordは、今年中にロンドン西部に「Food Inc」を、そして2008年にはIslingtonに「Union Market」を、いずれも同様のコンセプトで立ち上げる見込み。
何にせよ、食に関するawarenessがここイギリスでも高まっているのは喜ばしいことである。
真に「おいしい」イギリスを目指して、頑張れロンドン。
[PR]
by canary-london | 2007-07-31 03:46 | gourmet