ロンドン生活開始から4年強経過。あこがれの田舎暮らしも敢行!このまま骨を埋める展開か??インベストメントバンカー日々迷走中。


by canary-london
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

哀しき日本人の限界~醤油的観点から

旅というものについてどうでも良いことばかりを書き連ねているような気になってきたが(「旅」をテーマにしたエッセイ集にまとめたとしたら超駄作のレッテルを貼られそうだ)、どうでもいいようでいて限りなく重要なのが旅先での食生活である。

私は日頃から和食党を自認するタイプではないのだが(明太子や納豆や漬物などオヤジ系つまみには目がないが・・・)、いざ醤油のない世界に足を踏み入れると、限界に達するのが意外に早い。
「食べたければいつでも食べられる」という精神的ゆとりがないこともきっと一因なのだろう(←小心者)。

大好きなオリーブオイルをふんだんに使い、魚介類や燻製肉を中心としたスペイン料理は非常に自分の好みに合うのだが、今回も四日目にして音を上げてしまった。

何であれ、タパス(スペインの小皿料理)の形状を取るものは受け付けない。
アンダルシアの郷土料理である冷静トマトスープのガスパチョは(セビリアの’Rio Grande’のものは絶品だった)中でもさっぱりしている筈なのに、スープですら喉を通る気がしない。
こういうとき頼りになるのは、地の果てまで行ったとしても大概街に一軒はある中華料理店なのだが(華僑万歳)、今回のこの「発作」発生時に滞在していたコルドバでは、不運なことにホテルのフロント係がにこやかに地図を描いてくれたチャイニーズは地図が誤っているのか、陰も形も見当たらない。

そこで仕方なく、裏路地のいかにも冴えない日本料理店ののれんをくぐる。
扉を開けると、店内は意外にこざっぱりとしているものの、内装も明らかにチャイニーズなら、店員もほぼ皆中国人、制服はチャイナドレスの変形版と、「さくら」というありきたりの店名を除いては、ただの一つも日本料理的な要素は見当たらない。
ここで「なんちゃって」日本食を食べて自分の胃を誤魔化して帰途に着くことになるわけだが、3.30ユーロ(163円換算で約540円)もした味噌汁はおふくろの味のような暖かさがあって比較的美味だった。

f0023268_751164.jpg振り返ると、自分には何とも学習能力がない。
五年ほど前、一週間程度ハワイに滞在したときにも同じ発作に見舞われたではないか。
そのときはどう対処したかというと、滞在していたホテルで供される「和朝食」(焼き鮭定食)のチョイスに甘んじた。

しかしこの焼き鮭定食。
稀少なものが高価なのは経済の道理だが、無理しなくていいのに、大味の焼きサーモン(焼き鮭とはちょっと違う)の傍らには焼きのりと豆腐。
普通のビュッフェの朝食が25ドル、「ステーキ・ブレックファースト」(きっと米国ではこういうニーズもあるのだろう)が28ドルなのに対し、焼き鮭定食が33ドルもしたのには閉口した。

結論。
自分は、醤油にアクセスを絶たれた状況で四日以上過ごすのは無理である。

対策。
今後は、長期間の旅行には、ミニ醤油パック・インスタント味噌汁・ほうじ茶ティーバッグを携帯すべし。

うさんくさい和食レストランに連れ込んで同行者に迷惑を掛けないためにも、今後は有言実行しよう・・・とコルドバの夜に誓ったりした自分であった。
[PR]
by canary-london | 2007-06-19 07:53 | travel