ロンドン生活開始から4年強経過。あこがれの田舎暮らしも敢行!このまま骨を埋める展開か??インベストメントバンカー日々迷走中。


by canary-london
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

安藤百福氏を偲ぶ

しばらく欧米に暮らすと慣れっこになってしまうのだが、こちらのメディアで日本という国乃至日本人が取り上げられること自体があまりに稀であるため、その稀な機会があると何とはなしに嬉しくなってしまうものである。
気分としては、さながら四年に一度のオリンピックで日本選手が金メダルを取ったとき、日の丸を眺めて感涙にむせびつつ、小学校で斉唱した以来の君が代を口ずさむステレオタイプ的日本人といったところか。

こちらのビジネスマンでは愛読している人が多く、私もご多分に漏れず欠かさず読んでいる「エコノミスト」誌の先週(1/20-26号)のobituary(追悼記事)欄をみて、そんな俄かナショナリズムを感じた日本人は少なくないはず。

取り上げられている人物は、今年1月5日に96歳にて逝去された日清食品創業者の安藤百福氏。言わずと知れたインスタントラーメンの生みの親である。
1958年、試行錯誤の末にインスタントラーメンを初めて商品化し発売。
2005年には、何と世界中で860億食という恐るべし数のインスタントラーメンが消費されたそうな。


f0023268_21351779.jpg
インスタントラーメンは添加物だらけで不健康という世間一般のイメージとは裏腹に、世界一長い日本人の平均寿命を遥かに凌駕する年齢で大往生を遂げた安藤氏、亡くなるまでほぼ毎日という驚異的なペースで自身の発明した「チキンラーメン」を食べていたとのこと。
それでも常に血色が良く生の力が漲っていた安藤氏を見ると、インスタントラーメンのイメージが180度変わる気すらしてくる。

安藤氏の凄まじい生き様は、過去日経新聞の「私の履歴書」やNHKの「プロジェクトX」でも紹介されておりいずれも単行本化されているためご存知の方も多いものと思う。
そんな安藤氏の名言―エコノミストの記事では一番目を含む食関連のものだけがクローズアップされていたが、この方、その他にもたくさん「なるほど、ふーむ」と思うことを話されている。

1. 「食足世平」。
現在は日清食品の企業理念となっているとのことだが、平たくいえば「食が足りて初めて世の中は泰平になる」ということ。
日本やイギリスでは空虚に響くかもしれないけれど、丁度二年前のダボス会議で議論されて以来、世界的に盛り上がりを欠いてしまった感のあるアフリカの飢餓と貧困の状況に思いを馳せるにつき、重く響いてくる言葉である。

2. 「明確な目標を持ったあとは執念だ。ひらめきも執念から生まれる」。
「明確な目標」を立てることは、本当に難しい。仕事でも本当に日々感じていることだけれど。

3. 「知識も大切だが、知恵をもっとだせ。
知識は比較的簡単に手に入るが、知恵は大きな努力と体験がないとなかなか手に入らない。」
―計り知れない努力と常人の想像を超える体験をされている安藤氏だからこそさらっと出てくる言葉なのだろう。

安藤氏のご冥福を心よりお祈りする。

余談: それにしても、私の勤務するCanary Wharfからの帰りの電車の中でエコノミスト誌を読んでいるサラリーマンの数には改めてスゴイものがあるな、と感じた。
見た目東洋人の人が安藤百福氏の記事を読んでいるのを見かけると、嗚呼この人はきっと日本人なのだろうな、と感じたりして、同じロンドンの金融街に働く者として静かにエールを送ったりしてしまうのである。
[PR]
by canary-london | 2007-01-27 21:36 | current