ロンドン生活開始から4年強経過。あこがれの田舎暮らしも敢行!このまま骨を埋める展開か??インベストメントバンカー日々迷走中。


by canary-london
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

週末の嬉しいロンドン再発見: ストリートマーケット

三部作となる予定の旅行記からいきなり脱線するけれど、今週末のロンドンご近所再発見がささやかながらとても嬉しかったのでちょっとだけ紹介。

金曜日の深夜旅行から戻り、土曜日の夜のフライトで日本へ帰国するCちゃんが我が家に宿泊。
土曜日の朝起きてから彼女を付き合わせ、私は旅行中に届いていたCouncil Tax(地方税)の支払遅延警告レターを手に (私の怠慢のせいもあるが、自動引き落としにしないと非常に支払期限が分かりづらい。今回無事に引き落としに変更出来たのでやっとひと安心。) 、自宅から最も近いCouncil TaxのオフィスがあるChurch Streetへ (何とも好都合なことに徒歩3分程度) 。

Church Streetは週末になるとロンドンでは各地で展開されるストリート・マーケット (Camden Townのような昔からある所謂Flea Market~蚤の市から、Borough Marketのようなオーガニック・フードなどに力点を置くFarmer’s Market的な色彩が強いものまで様々) が出ることは知っていたが、今の家に住んでから4ヶ月経つのに実際に足を運んだのは今回が初めて。
それもたまたま税金を払うついでにマーケットに寄ってみたのだが、とにかくそのリーズナブルさにカンドウ。

野菜・果物・お魚など、見たところなかなか新鮮そうなお店が青空のもとに (この日はロンドンお得意の曇天だったので「青空」は嘘ですが・・・) たくさん市を立てている。
適当な果物屋さんで「少量でごめんね」といいながら (何しろフツウの単位が「りんご一箱幾ら」とかなのである) 、種無し葡萄一袋・オレンジ2個・みかん4個・洋梨2個・マンゴー1個・そして枇杷を発見したので枇杷も5個。
これだけで、何としめて3ポンド(約600円)。
以前から地下鉄の文句をぐだぐだと書いているが、一人暮らしには一週間十分暮らせそうな山盛りのフルーツを買って、地下鉄の初乗りと同じ値段とは!
お隣の八百屋さんで美味しそうな枝つきトマトを買ったら、トマトの4個ついた一房で何と75ペンス。

すっかり感動して、「ロンドンに来てから物が安くて感動したのは初めてっっ!」とCちゃん相手に大騒ぎしてしまった。
以前からこの高物価のロンドンで一般人はどうやって生活しているのだろうかと非常に疑問に感じていたのだが、どうやら私が知らないだけで安く生活する術はあるらしい。

マーケットでは当然食べ物だけではなく、雑貨や洋服、靴なども売っている。
あと場所柄イスラム教徒が多いこともあってか、布地を売っているお店がとても多い。
いい気になって、可愛くて目に付いたベティーちゃんとスヌーピーのチビTを購入。


f0023268_9491936.jpg


↑これ、一枚4ポンド(約800円)。
2枚買っても10ポンド札でお釣りが来るなんて!!
年甲斐もなくこんなTシャツを着ている人を見かけたら、それはワタシです・・・。
[PR]
by canary-london | 2006-05-08 09:51 | diary