ロンドン生活開始から4年強経過。あこがれの田舎暮らしも敢行!このまま骨を埋める展開か??インベストメントバンカー日々迷走中。


by canary-london
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Choose What You Read

ビッグ・イシュー
敢えてここでご紹介するまでもない雑誌だろう。
ホームレスに仕事と収入を与える目的で1991年にGordon Roddick氏とA. John Bird氏が創設したこの雑誌に対する関心は私の周囲でもかねてから高く、身近でもこんな人こんな人が過去にブログで取り上げている。
Roddick氏は、これまた説明の必要は少ないであろうボディ・ショップの創設者で2007年に早過ぎる死を迎えたAnita Roddick氏の夫。一方のA. John Bird氏は、自身が5歳から20代後半まで人生の様々なステージにおいて(望むと望まざるとに拘らず)ホームレスとして路上生活を体験した人物なので、スゴミと説得力が違う。

f0023268_1192952.jpg

日本では300円で販売し、そのうちの150円がホームレスの収入に充てられるとのこと。
ロンドンでは1.50ポンドで販売しており、うち80ペンスがホームレスの収入にまわるので、為替の変動はおくと相場は似たようなもの(ご多分に洩れず昨今のポンド安でイギリスの方が安い)。

私自身、これまでかなり長い期間この雑誌の存在を知りながら、恥ずかしいことに実際に購入したことがなかった。


オフィスからの帰り道。
今日は事情により退社時刻が早く、自宅最寄の地下鉄Angel駅を降りたのは6時前だっただろうか。日照時間がどんどん伸びて、一年でもっとも素敵な季節を迎えつつあるこの時期のロンドンの爽やかな青空も手伝ったのかもしれない。

いつも何となく素通りしてしまっていたビッグ・イシューの販売員のホームレス男性に近づき、
「一冊もらえる?」
と話しかけたら、ぼさぼさの長髪ながら不思議と不潔感は感じられないその中年男性は、満面の笑顔を浮かべて
「ホント?お陰様で今日の夜のメシにありつけるよ!」
と実に嬉しそうに言うのだ。
「まさか私が貴方の今日の最初のお客さんってわけじゃないでしょう?こんなにお天気も良いのに。」
と会話を続けたら、
「三人目。午前中に二冊売れたけど、午後はアンタが初めてさ。」

小銭がなかったこともあって、1.50ポンドの倍の3ポンドを支払って去ろうとしたら、
‘(You are a )...diamond. Thank you. God bless.’
なんて、こちらが赤面するような感謝の言葉を背中に投げかけられる。
・・・こんなセリフ、仕事でもっと余程感謝されるような働きをしたときですら、言われた試しがない(笑)。
愛嬌のある、実に気持のよいミスター・ホームレスなのだ。

どうしてもっと早く買ってみなかったんだろう?という気持ちと共に自宅に戻り、雑誌を開くと、そんなに「社会的」な内容でもなく、読み物としてごく普通に楽しめる。時事・政治ネタもあれば、文化・音楽、お料理レシピ(これはちょっとガテン系(←死語?)という印象だったが・笑)、そして忘れてならないのが社会起業家的な切り口の記事。
今回は、セレブシェフJamie Oliverの経営するFifteen Foundationを含む二社の活動が紹介されていた。

ふと、先日FT magazineで読んで本当に共感したClaire Wilson氏の記事を思い出した。
‘Choose What You Read’
毎日街中に溢れている無料配布のフリーペーパーに以前から疑問を感じていた彼女は、ある日友人と二人で、ボランティアで集めた書物の無料配布を行う団体を立ち上げた。
考えてみれば、東京でも「メトロ文庫」の歴史は古いと思うので、コンセプトとしては決して新しいものではないが、フリーペーパーに異議を唱える彼女の考え方には100%賛同する。
私もフリーペーパーが大嫌いだ。
セレブの生活にも、少年犯罪のリアルな描写にも興味がない。
フットボールの結果をチェックするのには便利ではあるけれど。

―Choose What You Read。
益々情報が氾濫する現代、我々には読むものを選ぶ権利がある。
今後は、ビッグ・イシューを進んで読もうと思う。
今日のような、ささやかな幸福感を味わうためにも。
[PR]
by canary-london | 2009-04-22 11:09 | social entrepreneur